不倫した妻に子どもの親権を取られてしまうのか?

A 基本的には不倫と親権は直接関係はありません。不倫した妻が子どもの親権者となることはよくあります。ただ、妻が不倫の慰謝料請求を受けた場合、夫が親権の取得を主張する際に、それを自分に有利な事情として使える可能性はあります。

 

子どもの親権については、「子どもの福祉」という観点が最も重視されます。この点については、別のところでも書いてあるとおりです。

まずは、父か母か、どちらが親権者となるのが「子どもの福祉」にとって良いかということが重要です。

父側は、親権を主張するのであれば、まずは、子どもを育てることができる環境を作ることが大事です。自分が日中、仕事で子どもの世話をすることができない場合(特に、子どもが小さい場合など)、実家の親に子どもの世話を頼み、子どもが安心して生活できるような環境を作ることが大切です。

 

妻がいなくても、子どもをしっかりと育てていける、という大前提があれば、妻の不倫を問題にして親権を争っていくことは可能です。

 

そこでの争いは、不倫をした妻の倫理観や、例えば、不倫をしたことによって、その間、子どもが放っておかれたような場合などは、妻の子どもに対する気持ちが薄いのではないかということ等を主張することが考えられます。

ただ、それだけだと、主張としては弱いかも知れません。そこで、妻の経済的な事情に問題があるのではないかと主張することが考えられます。

 

別のところで、収入の格差は、親権者を決定する際にはあまり問題とはならないと書きました。その理由は、収入の格差は、「養育費」で補うことができるからです。

しかし、不倫をして慰謝料の支払いをしなければならない結果、妻が経済的に苦しくなったという場合は、その点を親権者として相応しくないという理由として主張できる可能性があります。

 

夫としては、妻が親権者になった場合、子どもの養育費を支払う義務が発生します。他方で、不倫した妻に対する慰謝料請求は存在します。

慰謝料請求と養育費の支払い義務を相殺することはできませんので、夫としては養育費はキチンと支払っていく必要があります。しかし、だからといって慰謝料の請求権を放棄する義務もありませんので、慰謝料は堂々と請求できます。

結局、養育費の支払いを受けても、慰謝料の支払いで消えていくということになれば、子どもにとっては経済的に苦しい家庭で育てられていくということになり、それは「子どもの福祉」にとって望ましいとは言えません。

更に、妻の不倫相手の男性も結婚していて妻がいるというダブル不倫の場合、その不倫相手の男性の妻から慰謝料請求をされる可能性もあります。そのような場合、不倫した妻の経済的な状況は更に苦しいものとなります。

夫が養育費として支払ったものが、不倫相手の男性の妻からの慰謝料請求で消えていき、子どものために使われていないということになれば、「子どもの福祉」という観点からも、そのような妻は子どもの親権者として相応しくないという結論になる可能性が高くなると考えられます。

 

「収入の格差」は「養育費」で補えますが、不倫のための慰謝料の支払いによる「経済的な格差」は「養育費」で補うべき問題ではなく、その結果として子どもが経済的に苦労するという事態になるのであれば、そのような母親は親権者になるべきではない、という結論になり得るのです。

 

なお、最初の方で書きましたが、その場合でも、親権の取得を考えるのであれば、父親が子どもをしっかりと育てていけるという環境を作ることが大前提となりますので、不倫の慰謝料請求をすれば、直ちに親権を取得しやすくなるというものではないので、その点はご注意ください。

▲このページのトップに戻る