遺産相続

「私は法律トラブルとは無縁だ!」と思っている人でも、法律紛争に巻き込まれてしまう可能性があるのが「遺産相続」という場面です。

多くの人が人生の中で、遺産相続という場面を経験することになると思われますが、多くの場合は、大きな問題に発展することなく、円満に解決しています。ただ、中には、こじれて、争いに発展し、人間の嫌な面を見ることになる場合があるということも事実です。

遺産相続は、親子間や兄弟間、親族間の問題ですので、円満に解決した方が良いに決まっていますが、不幸にも話がこじれてしまった場合、こじれそうだと思った場合、不公平な解決方法を押しつけられそうになった場合などには、一度、ご相談してみて下さい。専門家としてできうる限りの支援をいたします。

また、ご自身が亡くなった後に、「残された相続人間の関係はどうなるのだろう?」、「円満であって欲しい」「残された相続人間でもめることを防ぎたい」等とお思いの方もいるかも知れません。

そのような場合は、生前に遺言を残しておくことをお勧め致します。当事務所では遺言に関する案件も取り扱っております。

 

  • 遺産分割協議・調停・審判の代理人業務
  • 遺産分割協議書の作成
  • 相続手続のサポート
  • 相続放棄・限定承認
  • 遺留分減殺請求

 

☆ 無料法律相談を実施しています!

  

>>遺産相続・遺言の弁護士費用

 

遺言

ご自身が亡くなった後に、残されたご家族、ご親族がどのようになるのか、と考えてみたことはありませんか?「残された相続人間の関係はどうなるのだろう?」、「円満であって欲しい」「残された相続人間でもめることを防ぎたい」等と思うことはありませんか?

遺産相続の場面で不幸にも相続人間でもめてしまうような案件でも、「被相続人の方が生前に遺言書を書いていれば、もめることはなかったのに・・・」という案件も多くあります。

「遺言書」と聞いて、「遺言書を作った方がいいのは分かるが、作り方が分からない。」、「遺言書を作るのがめんどくさい。」などと思うかも知れません。

これまで相続の案件を多数扱ってきた経験から、被相続人の方が生前に遺言を残しておくことが、結果として相続人間の紛争を少なくすることにつながると考えており、可能であれば遺言書は作った方が良いと考えています。

もし遺言書作成の必要性を感じておられるならば、お気軽にご相談ください。神戸えとう法律事務所が専門家として遺言書作成のサポートを致します。

 

  • 自筆証書遺言の作成サポート
  • 公正証書遺言の作成サポート
  • 遺言書の文案・条項案のご提示
  • 遺言執行人

 

☆ 無料法律相談を実施しています!

  

>>遺産相続・遺言の弁護士費用

 

▲このページのトップに戻る