交通事故

現在の自動車社会においては、誰もが交通事故の被害者になる可能性はあります。

交通事故の被害者になった場合、保険会社やその代理人の弁護士と示談交渉をすることになりますが、その交渉において、相手方の対応が不誠実で、事故の痛み以上に、精神的に苦痛を感じることもあるかと思います。

また、特段、相手方の対応が不誠実でなかったとしても、交通事故の被害にあって辛いときに示談交渉をする気力が無い場合や、知識不足などによって不利益な内容で示談が進んでるのではないかと不安に思うこともあるかも知れません。

当事務所では、交通事故の被害に遭われた方の案件については、積極的に受任しておりますので、何か気になることがあればお気軽にご相談いただけたらと思います。

 

交通事故被害に弁護士が関与すべき理由

 

【一般的な示談等】 

  • まだまだ、損害保険会社の示談提示額が、裁判所基準に比べて低いことが多い
  • 損害保険会社からの示談の提示を受けると、「損保会社が言うのだから、そうなのかな」と思ってしまう。
  • 損害保険会社の提示額に疑問を持っても、どう反論するのか、プロである損保会社への対抗手段を持つことがなかなか難しい。
  • 損害保険会社対応だけでなく、加害者への対応、警察への対応、医療機関への対応、後遺障害などの適切な対応方法がよく分からない。

 

【弁護士が介入した場合】

  • 裁判所基準に基づいて交渉する
  • 損害保険会社の提示額が適切かどうかを見極めることができる
  • 損害保険会社の提示額が不当な場合、適切な法的反論ができる
  • 損害保険会社への対応だけでなく、加害者への対応、警察への対応、医療機関への対応についても、適切なアドバイスができる

 

【神戸えとう法律事務所の特徴】

  • 初回法律相談は
  • 事故発生直後から最終的な解決方法を見通した対応を実施
  • 保険会社からの示談額提示前からの対応が可能
  • 治療経過を重視し、場合によっては病院への同行も実施
  • 後遺障害の等級認定についてもサポート

 

☆ 無料法律相談を実施しています! 

 

>>交通事故の弁護士費用

  

▲このページのトップに戻る